読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懶惰宗他力本願寺

自らの力によらず、何かの力すなわち他力を頼み怠惰な生活と往生を願うことを要旨とする懶惰宗の本山、及び架空の宗派。

Progress of painting “Hades Project Zeorymer”

描く

f:id:hanakowl:20161203062125j:plain
ゼオライマー素材で自分の性癖に合致する絵を描きたいという意志








たぶん寝たら忘れるから経緯を書いておくところ

12/2 深夜の雑談配信「洗濯終わるの待ち枠」(http://ch.nicovideo.jp/toshizo-ch)において『ふしぎ遊戯』という概念に遭遇し、はや数時間、ひたすらふしぎ遊戯についての情報を摂取していたのだが、この作品はいずれ漫画かアニメを知らなければならないと強く感じている。なぜならわたしは一対多(従属関係)×属性の組み合わせがたまらなくすきだからである。確実に脳内で作用する何かしらの物質が発生する。おそらくこの性癖を完全に自覚したのは種村有菜の『時空異邦人KYOKO』を読んだ時だから10年かそれ以上前であろうが、それからというもの、この主従×属性を満たす作品に時々遭遇すると発狂してしまうのである。

そして今ふしぎ遊戯の絵を見て思ったのは、主従×属性だけでなく「一枚絵にしたときの構図(円形にまとまることが多い)」「90年代の画風」が入ってくることによって発狂が確定するのではないかということだ。主従×属性の作品はそれほど多くない、とわたしが感じている以上に、実際の現実社会にはそうした作品が流通しているのかもしれない。しかし、わたしの琴線を殴打してくるためにはそうしたサブ要素が必要だったのだ。いや、もしかしたら主従×属性につきものの中華感がいいのかもしれない。もうそんなことどうでもいい。すきなんだただそれだけでいい。

そこで、主従×属性の作品ほかに何があったっけ、と脳内を掘り返した所『時空異邦人KYOKO』『冥王計画ゼオライマー』『美少女戦士セーラームーン』『幻想水滸伝』『遙かなる時空の中で』を発見した。あれ?やっぱり少ないな。まあこの度『ふしぎ遊戯』が追加されたわけだが。いやーしかし時空異邦人KYOKO、というか種村有菜作品の一枚絵は本当にいい、セーラームーンはアニメしか見てないんだけど原作絵も悪くないね、ふしぎ遊戯の塗り見てるとやっぱりアナログ(コピック?)最高やな、などと深夜の画像検索を楽しんでおったのだが、ゼオライマー画像の検索結果は毛色が違った。当たり前だった。ゼオライマーにおいて主従×属性が採用されているのは敵サイドだったからである。というかそもそも原画?一枚絵?みたいなものが非常に少ないように見受けられた。


≪参考資料≫ この時点で何を求めていたのか
≫ 時空異邦人KYOKO
f:id:hanakowl:20161203054400j:plain:w260

美少女戦士セーラームーン
f:id:hanakowl:20161203054547j:plain:w260

ふしぎ遊戯
f:id:hanakowl:20161203054315j:plain:w260

幻想水滸伝
f:id:hanakowl:20161203054734j:plain:w400

遙かなる時空の中で2
f:id:hanakowl:20161203142129j:plain:w260

遙かなる時空の中で3
f:id:hanakowl:20161203142637j:plain:w400

ここで、八卦衆(鉄甲龍)大集合絵くれよ、という不満が発生したがいくら検索しても見つからず、もう公式じゃなくてもいい!pixivでもいいの!と半ば自棄になって調べたのだが出てこない。そして、一枚くらいあってもいいじゃん...と突然悲しみに暮れることになったのだが、ふと「ないなら自分で描けば?」という結論に至り、この記事の作成に勤しんでいるのである(AM5:55)。「極度に変態性の高い人間は、自分の理想的なエロ画像を得られないがために自分で描くしかなく、結果として高い画力が身につく傾向がある」という仮説を目にすることはあったが、まさか自分も「ないなら仕方ない」ではなく「ないから作る」となってしまうほどの強い欲求を感じる対象があるとは思わなかった。まあ、大抵「ある」から必要なかったのかもしれない。

描くとすると、信長の野望とか三国志の表紙を完全にパクっていく感じになる。あとゼオライマーについての知識がスパロボMX、加えるとしてもインターネッツからしか手段がないが、まあ同人作品でもあるまいし描く人間が原作を深く知りかつ愛しているという必要もなかろう。顔もできるだけリアルっぽくして、とか言ってたらもう別モンじゃねえかとなる未来も見えてきた。

あくまでも構想だし、わたしの性格上、数日後にはなんの意欲もなくなっているという可能性も否定できない。それでも、とりあえず今この瞬間の熱意だけはここに残しておかなければ ならかった


"主従×属性"の傾向と対策

主が複数名の配下を従える
冒険したりしなかったりする
主は要護衛、理由はその者のみが持つ特殊能力の保護が多い
そのため、配下は時として積極的に身代わり、捨て駒のような行動をする
主は"いざというとき"以外は比較的無能か非力
まあ自分のことを完全に守ることのできる力があれば保護役も必要ないわけだが
配下はそれぞれ自分の得意とする分野の一点特化型
武器,技属性,五行,加護を受けている神聖生物など
配下は共有する一部の能力によって集められており、出自はバラバラ
それによっていい感じのトラブルが起こる
男女混合組織の場合、身分違いの恋愛要素が発生する
主(女)を配下(男)2名が取り合う,配下全員が取り合う,めでたく両想い状態になっても不適切だからやめろと圧力をかけられる,言われてないにもかかわらず不適切なのではないかと思い悩むなど
配下どうしが恋愛関係になることは少ないがないこともない

配下に共通する印
生得的なものから刺青,衣装のデザイン,アクセサリなど
公式絵が必然的に大集合感を醸し出す


関連情報 これについて勉強することでより幸福を得ることができるかもしれない

古代中国 陰陽五行説(木,火,土,金,水)/八卦/四神(青龍,朱雀,白虎,玄武)
ギリシア神話
宇宙 惑星/星座 ギリシア神話との関連性が高い
宝石 一部の宝石(鉱物)は属性技に取り入れられやすい