読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懶惰宗他力本願寺

自らの力によらず、何かの力すなわち他力を頼み怠惰な生活と往生を願うことを要旨とする懶惰宗の本山、及び架空の宗派。

3/10 The Chassériau Exhibition・The Titian and the Renaissance in Venice Exhibition

f:id:hanakowl:20170313012428p:plain:w300
シャセリオー展・ティツィアーノヴェネツィア派展に行った。


===============


ティツィアーノ展に関しては前売りを数ヶ月前に買っていたというのに、あっという間に時間が経ち会期終了まで一ヶ月となっていた。シャセリオー展は、もう全然前情報とか何も知らないんだけどとりあえずやるなら行こうというやつ。未だに有名な画家に関して知識が深まっていかない(=興味が持てない)のだが、自分も油絵を始めた身である以上、画家を知らなくても絵画作品を色々見ることは単純に学びになるだろうし、適当に行ってみたら思わぬお気に入り作に出会うことがあるかもしれない。要するに、軽い気持ちで美術展を2軒ハシゴしたというわけである。


===============

シャセリオー展

国立西洋美術館
f:id:hanakowl:20170312161634j:plain:w400
全体的に透明感がある画風なんだなという印象があった。

すきなやつ

自画像
スリザリンに配属されそう

放蕩息子の帰還
見ている当時は「放蕩息子」っていう割になんかきれいっぽい見た目というか、クズ感薄いなあ... と思っていた。しかし先程調べたらキリスト氏が語ったたとえ話らしく、わたしが無知なだけであった

黒人男性像の習作
全力で走っていって落下したのに「えっなんで俺今落ちてんの?」みたいな顔してる的状況に見える

オリーブ山で祈る天使
なんかやましいこと祈ってそう(安直)

アクタイオンに驚くディアナ
出た~神話の理不尽死~ ディアナの肌が透けるような色をしているのと比べて他は割とくすんだ色が多く、パッと見たら確実にディアナの背に目線が行くようになってる

石碑にすがって泣く娘
人物の感情を周囲の植物の形状に反映させてるという情報が参考になった

岩に座るナポリの若い漁師
男性にこういうポーズとらせた絵は初めて見たかも

木々の下で本を読む僧侶
僧侶ちいさくて気づかなかったが、こういう構図はそれはそれでオサレだと思う

アポロンとダフネ
「足元はもう植物化が始まっている」ということだったが、むしろダフネの前身までも既に植物化、というか固定化?しているっぽく見える。血色が悪いわけじゃないんだけど、もう動いてないですよ感がすごい。ダフネがストーカーから逃げ切れないと悟った後の決断力もすごい

サッフォー
筆跡ぐにゃぐにゃ感が精神不安定っぽさを際立たせているのかもしれない

連作『オセロ』
こういうシリーズモノ、よい

連作『ハムレット
ハムレット、読んだことあるんだけど思い出せなくなっているのがわかった

マクベスと3人の魔女
小説のワンシーンを切り取った絵というのもよいですね

泉のほとりで眠るニンフ
シャセリオーの作品に出てくる裸体の中でも肌のつるっつる感が爆発していると思った。目の前で見ていて油絵ってわかってるんだけど、どうしても陶器みたいに見えてきてしまうという

カバリュス嬢の肖像
布感...!

アレクシ・ド・トクヴィル
マリオストーリーのレサレサの家に飾ってありそうだと思った。じっとみてると眼がやたらに澄んでいるなあと思えてくる

エミール・ドサージュの肖像
肖像にも色々あるんだなというのを知る。ポーズの取り方で「うわ~神経質っぽい~」と思わせる技である

コンスタンティーヌユダヤ人女性
エキゾチック

左を向く白馬
白の置き方がすきだった

ティツィアーノヴェネツィア派展

東京都美術館
f:id:hanakowl:20170312200739j:plain:w400

すきなやつ