懶惰宗他力本願寺

自らの力によらず、何かの力すなわち他力を頼み怠惰な生活と往生を願うことを要旨とする懶惰宗の本山、及び架空の宗派。

3/14

f:id:hanakowl:20170314011905j:plain
Life is a preparation for death.


==============


ここ数日は、もはや“新”生活ではなくなっていきているという感覚があるし、実際3月の雑記として並べ立てている所にも新生活よりも謎思考の発露などが散見されているから、いっそまとまった日毎に書いてみようという試み。


===============

  • 生きることは死ぬための準備である

一人暮らしを始めてからというもの、明日の準備、夕食の準備、今週の買い物の準備、来週の買い物の準備、などを考えていて、ふと思ったってだけ。言い換えるなら、(ひとまずわたしにとって)「人生は準備の連続」と感じられる。という所に至り、それなら今考えられる「理想の死に方」を考えた後に逆算したら割とよいのではないか?と思ったが、そうしたら「○○の場合、死」「○○が○○の選択をした場合、死」「○○かつ○○が○○した場合、○○が○○を○○するのであれば、死」みたいな壮大なフラグ管理の様相を呈してきており、思いつく限りを書き出すだけでも面倒な感じがしてしまう。おそらく生物的には遺伝子を継承することが人生の最大目標であると思われるが、わたしは自分の遺伝子を考えると後世にあまり残したい遺伝子ではないと思ってしまうために、本能的な人生目標にすら依存することができない

  • 酒がうまく、しかも煙草も吸ってよいのではないか

身体が健康なまま脳がおかしくなってわけわからん感じで死ぬことに異様な恐怖があり、もういっそ肺を徐々に悪くしていく手段を取ってもよいかもしれないと思い始めてきた。酒は単純にすきで美味しく飲んでおり、無茶飲みすると“MOTTAINAI”感情が湧いてきてしまうが、煙草ならとくにそんなこともないのではないか...と思うたびにでもやっぱ煙草はけむたいものなと思い留まるのがいつもの流れである。したがって、もし味がうまく、かつ悪臭ではなく、高価ではなく、内臓を汚染する煙草が発売された場合は必ず買うぞ、と意気込んでいるが今の所そういった製品が開発されているっぽいアレはない

  • 昔のアニメの絵柄がすきだ

今のアニメに関してストーリーがあーだこーだではなく、昔のアニメの絵柄が単純に好みなのである。だから二十年後とかに一周回ってマクロスプラスみたいな絵柄が流行したら放送アニメ全部録画するかもしれない。というか二十年後アニメの主流の絵柄ってどんなんなんだろう。一周も二周も周ってリアル路線とか3Dとかなのかしら...

  • 軍師ミノル氏

最近活発に動画も生放送もしており、しかも労働もしているしすごい

  • 自炊をするが故の外食欲

別に特別何か高級なものを食べたいというのではなく、“自分以外の人間が作った料理を食べたい”という欲求が発生してきている、ような気がする。味も特別うまくなくてもよくて、ただ「○○ください」といったら○○が出てくる、そういう“流れ”に対する欲求である。その流れを購入しているのだと思うと、「家で作った方が安い」とはまた違った視点で料金を払うことができるのではないか

話数的にもう折り返してるらしく、悲しい。たぶん刑事モノがすきだというのが拍車を掛けているのではないかと思うが、それにしてもデカマスター御披露目回の荒れっぷりはもう一度みたい。あとデカブルー回全般。こないだの「AIBOは努力の天才だったんだよ」回もクッソよかったしさ...

  • 母の謎センサーを参考にするなら、近いうちに謎爆発をするのは新井浩文かもしれない

星野源高橋一生といった、世間で急に謎爆発をしている役者がおり大流行中で、ここ1年以内にそうした役者を知ることになった人々も多かろうと思うが、なぜか流行に疎いわたしは数年前から知っている。のははぜかといえば、母がわたしに宣伝してきたことがあるからである。母はまったくもってサブカル野郎ではないが、どこかで偶然その役者らに遭遇し、「おっなかなかあの役者はいいぞ~」と勝手に目を付け、わたしに宣伝してくる。しかし「○○っていう俳優いいぞ」と言われたものの、わたしはわたしで見たことがない顔はわからず「ん~でも顔わかんねえし...」と話半分で聞き流すのが常で、とりあえず名前だけが定期的に脳内に刷り込まれるという構図となるため、数年経って突然“星野源”という文字の羅列がわたしの視界におびただしい量入るようになってはじめてビビることになるのである。しかも母も俳優の動向を追っているわけではないため、「え、なんで急にこの俳優流行ってんの??」とビビる。というのが2件続いている、という話。母の場合、星野源は劇団関係とLIFE、高橋一生耳をすませば→相棒の犯人役といった部分の知識で最近のドラマ関係での活躍はまったく把握していないし、わたしの場合はドラマ『心がポキッとね』を観ていてそのエンディングテーマ「SUN」を星野源が歌っており「あっこれ何年か前にママが言ってた星野源って人じゃん」と報告したくらいの知識しかない。母がこういった謎爆発を遂げる役者を無意識に見つけているのではないかと仮定すると、近々新井浩文が謎爆発をする可能性はかなり高い。今も売れてるじゃないかと思うが、ここでいう謎爆発は「突如大多数からの支持を集めているっぽく扱われ始める状態」を指しているので、稼いでるか否かではない