懶惰宗他力本願寺

自らの力によらず、何かの力すなわち他力を頼み怠惰な生活と往生を願うことを要旨とする懶惰宗の本山、及び架空の宗派。

3/26

f:id:hanakowl:20170326182603j:plain
3/26


===============


① I got up at about thirteen.
② I went to the supermarket today.
③ I bought a cabbage.
④ I eat shredded cabbage every evening.
⑤ I probably graduated from the university.
⑥ It is rainy today.
⑦ I want to go to karaoke.
⑧ But I can't remember the words of songs.
⑨ I listen radio programs recently.
⑩ It is cold today.


===============

昨日夜遅くまで“面白い話を聞かせてもらう配信”観て、その後もなんか懐かしネタサーフィンをしてたら夜が明けてしまったからしかたないと思った

一週間に一度くらいのペースでキャベツを買っている。税抜き150円以下の日は買うべき/198円なら無理に買う必要はない

毎日毎日キャベツの千切りにゴマドレッシングかけたやつ、いい加減飽きるのではと思ったけどそうでもない。というか毎日違うモンを食べたいとかいう欲求をころころすれば何も問題はない。(例:お前戦時中でも同じこと言えんの?)たまにポテトサラダが追加されてもキャベツは外さない。これによって強制的に毎日包丁で物体を細かく刻む作業が組み込まれ、思考停止していても自動的に千切りスキルが上がっていくということになっている

留年通知でなく卒業案内が来たから、卒業したんだろう、というクッソ適当な感想はあった。大学はけっこうすきだったんだが、卒業に際してとくに区切り感がない

  • ルーティン化した結果

生活の色々をこなせないんじゃないかと怯えすぎて、何曜日に何やる、何時くらいに何やる、これは何個ストックしている、みたいなのを決めまくっていったら、そうしたことに関して考える時間が大幅に短縮された。そしてその結果ダラダラできるようになって、夜更かしして朝起きれなくても引きこもっていても快適な生活が送れる環境ができてしまった。部分的に勤勉ポイントを極振りしたことによって怠惰時間を大幅に確保することに成功してしまった。そして気づいたが、新しく仕事が増えてもどうにかその作業を最適化してダラダラする時間を確保するという習性があるらしかった。その何やってるのかわからん時間にも作業すればいいんじゃないかというやつではなく、一日の中にダラダラタイムがどうしても必要なのだった

タチコマちゃんたちの自爆作戦で泣かされてしまった。個人的にはイシカワとサイトーがとくにすきな感じ。この勢いで2nd GIGも観れたら